読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じしんない

うじうじねがてぃぶしんきんぐ

2017年3月29日(水)はれ

お昼頃に起きる。

気持ち悪い。

何百回目かの後悔。

ネットを見て、だらだらして、5時ぐらいに研究室へ行く。

集中できない。

ちょっと作業して、居眠りして、食堂でご飯を食べて、ちょっと作業して。

あっという間に夜になっていた。

暗い道を一人でとぼとぼと家へ向かっていると、自然と気分が落ち込んでくる。

憂鬱な音楽がイヤホンから流れて、泣きそうになる。

友達のグループやカップルを見ると、目で追ってしまう。

イケてる人たちをみると惨めな気持ちになり、イケてなさそうな人たちを見るとちょっと安心する。

性格の悪さに嫌気がする。

「一途に頑張っている人が、一番輝いていて、一番モテる」

どこかで読んだ記事。

「その志で、成し遂げてきたあなたへ」

研究室に貼られていた、就活ポスターを思い出す。

「一番になる人は、代わりにいろいろなものを捨ててきた」

テレビで言っていた。

私には、やりたことも、積み重ねてきたものも、夢中になれるものもない。

友達はいない。仲の良い家族はいない。恋愛とは縁がない。趣味は続かない。

何も持たない私は、なんのために、生きているのだろう。