読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じしんない

うじうじねがてぃぶしんきんぐ

2017年3月30日(木)あめ/ゆき

7時頃に一度目が覚める。

二度寝

次に起きたら10時ぐらいだった。

酒も夜更かしも間食もやめて、早起きして、運動しよう。

定期的にそんなことを考える。

だいたい一週間ももたない。

継続も、努力も、できない。

甘い自己嫌悪に溺れる。

----------

雨が降っていた。

溶けかかった雪と氷でべしゃべしゃの道。

雨が全部溶かしてくれれば、少しは気が晴れるかもしれないのに。

パーカーのフードをかぶって、外に出る。

時刻は2時を回っていた。

傘はささない。

雨に濡れるのは嫌いじゃないし、身軽でいたい。

まだ厚着ができて、冷房も入ってなくて、濡れてもそんな寒くない。

道さえきれいならば、割と好きな季節だ。

----------

研究室に着く。

普段あまり顔を見せない後輩がいる。

何となくうれしい。

声をかけたいけど、特に話すことも思いつかなくて、そのまま席に着く。

ミーティング。

ちょっとはしゃべれた気がする。

気を使われていると、ひしひしと感じる。

褒められるのは苦手だ。

一瞬の嬉しさのあとに、深い暗闇に突き落とされる。

気を使われているのだろう。

内心見下されているのだろう。

お世辞なのだろう。

操ろうとしているのだろう。

猜疑心に飲み込まれる。

小一時間は何も考えられなくなる。

そんな風に考えてしまうこと自体が最低だ。

どうして素直になれないんだろう。

あるいは、なりなくないのかもしれない。

----------

材料は買ったのに、調味料を買い忘れた。