読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じしんない

うじうじねがてぃぶしんきんぐ

2017年4月3日(月)はれ

8時頃に起きる。

たぶん一週間ぶりぐらいにジムへいく。

とても喉が渇く。

二日酔い。

先週は毎日飲んでいたかもしれない。

覚えていないけれど。

酒代を考えたくない。

----------

マックで休憩して、研究室に着いたのは12時ぐらい。

眠い。

後輩たちが談笑している。

新配属された4年生も、だいぶ馴染んでいる。

私は、相変わらず、輪に入ることができない。

入り方が、わからない。

昔からそうだ。

みんなが盛り上がっているところに入れなくて。

いつのまにか、機を逃して、気まずくなって。

子供の時は、クールなキャラクターにあこがれていた。

一歩離れて、遠目で見ているキャラクター達が、かっこよくみえた。

いつのまにか、ネガティブな気持ちがうまれていた。

私なんかが入ってはいけない。

きっと歓迎されない。

空気を壊してしまう。

拒絶されることが怖い。

自意識過剰、無駄なプライド。

----------

みんなが楽しそうにしている。

きっといまは、団欒する時間なのだろう。

私は入れない。

惨めな気持ちになる。

イヤホンを耳に押し込む。

音楽をかける。

気持ちの代弁者。

少し慰められる。

自分だけの空間で、作業に取り掛かる。

今日はヘッドホンにしてみた。

やっぱりこっちの方が音がいい。

潰れない、ぺしゃんこになっても大丈夫な頭の日は、こっちにしよう。

----------

暗くなって、研究室を出る。

街中をぶらつく。

音楽を聴きながら、うつむき気味で歩く。

顔を上げて歩くことが怖い。

健康そうな青年、幸せそうなカップル。

自分がとても惨めなものに感じる。

きっとそうなのだろう。

誰も、私を、見るな。

パーカーのフードをかぶる。

余計に目立って、奇異な視線を向けられて。

----------

つらい季節がやってきた。

雪が解ければ気持ちも晴れると思ってた。

うそだ。

毎年、今時期は、ひどかった。

若々しい新入生。

新歓の雰囲気。

青春の体現者。

失った時間は戻らない。

だから、とても惨めになる。

二度と、そして永遠に、手に入らない。

それなのに、諦められない。

----------

帰り際。

「今日はありがとう。」

「またきてね。」

上級生と新入生だろう。

立派に上級生している。

嫉妬。

素直さか、役割を演じているのか。

欲しくてたまらなくて、手に入らないもの。

----------

アルコールが脳を犯す。

わずかな多幸感。

ささいな希望。

自己憐憫。

感情が溢れる。

特別な何かになった感じがする。

きっと明日も、後悔するのだろう。